ブログ

美肌と睡眠の関係

2015年12月17日

(*゚▽゚)ノこんにちわ
いよいよ12月も残りあとわずかになりましたね!
一年ってあっという間です・・・。
今月は年末ということもありかなりバタバタと忙しくてゆっくり休んでいる暇もありません。
だからなのか?
お肌の調子もすこぶる悪いです。
寝不足もあってなんだか目のクマも酷いし、肌のハリも無いし。
お肌にもゆっくりとした休息は必要なのかもしれませんね。
22:00から02:00はお肌の黄金タイムっていうし・・・。
睡眠とお肌の関係について見ていきたいと思います。

睡眠不足はブスを作る

・・・なんていうかある意味名言ですよね。
睡眠が足りていないと成長ホルモンの分泌が滞り、シミやくすみ、シワといった肌トラブルを引き起こしてしまうのだとか。
黄金タイムはなるべく睡眠をとるように心がけたいと思います!

お肌のゴールデンタイムはいつ?

よく聞くのが22時から深夜2時という時間帯ですよね。
でも実は諸説あるらしく、最近は入眠後3~4時間という考え方が一般化されてきているそうです。
しっかり眠ることが大事、ということのようですね。

必要な睡眠時間は?

しっかりとした睡眠をとるために必要な睡眠時間は最低でも6時間は必要だそうです。
肌が生まれ変わるために成長ホルモンが活発になるのは最初の3時間で、その後の3時間で肌細胞の修復作業になるため合計で6時間が必要になる、ということらしいです。
逆をいえば何時間もたくさん眠っても肌の再生は6時間しかできない、ということだそうですが・・・。

なかなか寝付けないときは?

睡眠時間を確保するのが難しい季節ですが、それ以上に不規則なのが看護師さんですよね。
夜勤業務などのときはお肌のゴールデンタイムに睡眠をとることはできません。
もしゴールデンタイムが入眠後3~4時間とするならば帰宅後にしっかりと睡眠をとればリセットされるかも??
しっかりとした睡眠をとるために、リラックスする方法をいくつか紹介されているので参考にしてみてもいいかもしれません。

 

お肌のゴールデンタイムっって本当にあったんですねー!
そう考えると睡眠がどれだけ重要なのかよく分かります。
あれもこれもとやることが山積みですが、6時間睡眠をきちんと確保してお肌も労わりたいと思います!

コメント欄は現在閉じています。